交際相手を強姦した容疑で逮捕された男 保釈後に女性を殺害し自殺

潔白を主張していた男が、強姦被害を訴えた女性のもとへ。法の裁きを待つ前に、取り返しのつかない罪を犯した。

社会

2020/08/11 10:20


 

 

■女性を殺害し逃走

7月29日のこと、容疑者は被害を訴えた女性を見つけ射殺するなり逃走。警察が捜索活動を開始し容疑者の車を発見したが、容疑者は車を衝突させ停車するなり自身に向け発砲し、自殺を図った。

その後すぐに病院に搬送されたが「重篤である」と報じられた容疑者は、そのまま回復することなく死亡。裁判で再び身の潔白を訴える機会を得る前に、この世を去った。


関連記事:強姦され妊娠した17歳娘を父親が絞殺 「情けない大恥」と名誉殺人を主張

 

■遺族のコメント

殺害された女性は外国籍で、米国内には家族がいなかったという。容疑者の家族はこのほど「女性が亡くなったことは、本当に悲しいことです」「静かにふたりの死を悼みたいと思います」という内容の声明を発表。

またこの事件に関わった弁護団は、「裁判を心待ちにしていましたが、パンデミックのせいで数ヶ月も延び、実現しませんでした」と無念のコメントを発表している。

・合わせて読みたい→マクドナルド店舗の屋根に遺体 空き巣から殺人容疑者になった18歳の女を逮捕

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事の画像(1枚)