何かの暗示? 『アクタージュ』打ち切り直後、コンビニで衝撃の光景が…

『アクタージュ』が、原作者の強制わいせつ容疑による逮捕を受け打ち切りに。ジャンプでは12年前も同様の事件が起きている。

話題

2020/08/12 07:00

アクタージュ

11日、『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載されていた『アクタージュ act-age』が、原作者の強制わいせつ容疑による逮捕を受け、急遽打ち切りとなった。

そんな折、都内セブンイレブンのコミックコーナーに立ち寄ると、偶然か、とある現象が起こっていた…。


画像をもっと見る

 

■女子中学生に痴漢行為

2018年に連載が開始され、コミックスは既刊12巻、2022年には舞台化が計画されるなど、注目作だった『アクタージュ act-age』。

宇佐崎しろ氏が作画を担当。このたび路上を歩いていた女子中学生の胸を触ったとして8日に逮捕されたマツキタツヤ容疑者が、原作を担当していた。


関連記事:『アクタージュ』最終回掲載のジャンプ 「即日完売」を誤解する事情があった

 

■18年前にも同様ケース

セブンイレブン

『週刊少年ジャンプ』では2002年8月にも、人気作が突如打ち切りの憂き目にあっており、それが忘れもしない伝説のギャグ漫画『世紀末リーダー伝たけし!』である。

約5年に渡って連載を続け飛ぶ鳥を落とす勢いだったが、作者の島袋光年氏が女子高生との援助交際により逮捕され、同作は未完のまま打ち切りになり、単行本は絶版となった。

次ページ
■セブンイレブンに行くと…

この記事の画像(3枚)