『ケンミンSHOW』福岡県、屋台文化の進化に驚きの声 「メイド屋台…?」

『秘密のケンミンSHOW 極』では福岡県の絶品グルメ特集。一風変わった屋台文化が話題に。

グルメ

2020/08/14 08:20

博多・屋台・福岡
(gyro/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

13日放送の『秘密のケンミンSHOW 極』(日本テレビ系)では「福岡うまかもんSP」と題し、同県の絶品グルメを特集。独自の屋台文化が、視聴者のあいだで話題になっている。



 

■居酒屋並みのメニュー数?

もつ鍋に豚骨ラーメン、明太子、水炊き…と挙げればきりがないほど、ご当地グルメが盛んな福岡県。なかでも屋台文化は有名で、中洲や天神などの市内中心部には、なんと100軒ほどが軒を連ねているという。

屋台と言えば、ラーメンやおでんといったものに特化しているイメージがあるが、同県の場合は品揃えが豊富な店が一般的なようで、メニュー数が30を超える店も多いようだ。


関連記事:サクレ×そうめん、衝撃の組み合わせがウマすぎる レモン際立つキセキの味

 

■「メイド屋台」なるものも

そうした中、昨今、屋台文化は進化を見せているという。イタリアン専門店が出店されたり、中にはメイドが接客する「メイド屋台」なるものまで展開されているのだそう。

この変化には、スタジオにいる同県出身タレントも驚きの表情を浮かべる。ちなみに糸島市出身の篠田麻里子も屋台が大好きなようで、「イタリアン入って牛すじ食べて、天ぷら食べて、最後ラーメン行って…」と屋台巡りをしていることを明かしていた。

次ページ
■「収束したらまた行きたい」

この記事の画像(1枚)