7割の女性が「コロナ機会に国際関係の改善を」 悪化する米中関係に懸念の声も

新型コロナウイルスの流行は、世界各国に広がっている。このようなときこそ、国際関係の改善が重要である。

社会

2020/08/15 20:40

新型コロナウイルスの流行は、世界各国に広がっている。このような緊急時こそ、国際関係を良好に保ちたいものだ。


画像をもっと見る

 

■「改善されてほしい」7割強

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女2,168名を対象に調査したところ、全体の74.4%が「新型コロナウイルス感染症をきっかけに国際関係が改善されてほしい」と回答した。

新型コロナウイルス感染症をきっかけに国際関係が改善されてほしいグラフ


関連記事:8割の女性がコロナを機会に医療体制の充実を希望 医療崩壊を恐れる声も

 

■緊急時には国際的な連携が

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

新型コロナウイルス感染症をきっかけに国際関係が改善されてほしい性年代別グラフ

緊急時であるからこそ、国際的な連携が必要である。

「新型コロナは世界的に流行しており、このような情勢だからこそ各国の情報共有が重要になってくる。そのためにつまらないことで、いがみ合っている場合ではないと思う」(30代・女性)


「たくさんの外国人が日本に来ていたのに、コロナのせいでそれもなくなってしまった。お互いに行き来できない状況の中で、どのように交流するかを考える必要があると思う」(20代・女性)

次ページ
■アメリカと中国が

この記事の画像(3枚)