幼女への性犯罪で捕まっても懲りない19歳男 出所後は犬を性的対象に…

再犯率が高いといわれている性犯罪。17歳時の初犯で服役したこの男は、反省しなかったようだ。

2020/08/16 09:40

犬
(Sergii Gnatiuk/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

まだ10代の体と心の中に、いつの間にか歪んだ性的志向を培っていた男。卑怯にもか弱い相手を狙うことばかり考えていた。



 

 

■性犯罪の前科

米国・ジョージア州ブロック郡のステーツボロで、ジーザス・エステバンという19歳の男が犬に対する強姦容疑で逮捕され、拘置所に収監された。

エステバン容疑者が警察の世話になるのはこれが初めてではない。性犯罪者として服役した過去を持つ、すでに要注意人物だった。


関連記事:夫が鶏や犬に性的暴行する姿を妻が撮影 マニアに動画を販売か

 

■性犯罪に溺れる男

2019年2月、最初の性犯罪事件を起こしたエステバン。ジョージア州キャンドラー郡のメターという町に暮らしていたとき、幼い少女に対する性的虐待で逮捕・起訴されていた。

裁判で有罪判決を受け、17歳にして刑務所へ。刑期満了でやっと出所したものの、凝りもせず再び性犯罪を起こしていたことがわかったという。

次ページ
■「嘘発見器」が有効なことも

→【Amazonタイムセール祭り開催中】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催 5月30日23時59分まで

アメリカ性犯罪強姦性的暴行再犯獣姦性的虐待保護観察小児性愛者
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング