20代男性の7割が「通勤気にしなくていい地域に住みたい」 テレワークの影響か

新型コロナで、仕事がテレワークになった人もいる。通勤時間を気にせずにいられる地域に住みたいと思った人も。

2020/08/16 11:00


 

■出勤がある限りは

完全に出勤がなくならないと、他の地域に住むのは難しいようだ。

「緊急事態宣言のときにうちの会社もテレワークを導入したけれど、完全に出勤がなくなることはなかった。何日か出勤があるならば、やはり通いやすい場所に住みたい」(20代・女性)


夫の判断が自分にまで影響してしまうため、不安に思っている人も。

「結局のところ、このようなことは夫の判断が基準になってしまう。『自分の実家の近くに住みたい』と夫が言い出したら、私としては少しきついものがある」(40代・女性)


関連記事:テレワークによる意外な恩恵 だいたひかるの考えに「めちゃくちゃ分かる」

 

■満員電車がストレスなため

通勤時間がなくなること自体が、ストレスからの開放になる。

「今でも通勤にそれなりの時間をかけているので、テレワークになったときには本当に助かった。満員電車はストレスしかないので、またテレワークを再開してほしい」(30代・男性)


「満員電車に乗っているけれど、やはり密なので怖い気持ちでいる。空気のきれいなところで、通勤の心配なく過ごしたいと思った」(20代・女性)


テレワークが本格導入されたなら、地方に住む人も増えていくかもしれない。

・合わせて読みたい→起きてからずっとそのまま 約4割が「テレワーク中にパジャマで仕事」

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2020年7月3日~2020年7月7日
対象:全国10代~60代のテレワーク経験がある男女441名(有効回答数)

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

地方調査通勤時間テレワーク新型コロナウイルス住む
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング