小型犬が闘犬に襲われボロボロにされて死亡 襲った犬の飼い主は無責任に逃走中

小型犬を散歩中に大型の闘犬と遭遇すると、飼い主はつい身構えてしまうだろう。

社会

2020/08/16 13:00


 

■飼い主は無責任にも逃走

そんなマスティフに首を噛まれ、血だらけになったロッコ。くわえられたまま1分間ほど激しく振り回され、ボロボロになったロッコに、レナータさんの目からは涙があふれ出た。

ところが飼い主はマスティフを力ずくで引っ張ると、無責任にも現場から逃走してしまったという。


関連記事:ブルテリアが2歳児の頬を噛みちぎる 飼い主の叔父は責任を放棄中

 

■警察に被害届を提出

自宅に戻ったロッコはレナータさんの母親の車で獣医の元に運ばれたが、その命を助けることは難しかった。

レナータさんは、続いて警察に被害届を提出。飼い主が逃走する様子をスマートフォンで録画していたことから、近いうちに飼い主が特定されるものと大きな期待を寄せているという。

獣医から請求された医療費は日本円で18万円を超えており、現在もクラウドファンディングで募金への協力が呼び掛けられている。

・合わせて読みたい→パンダが飼い主と街を散歩? 道行く人々が仰天したその動物の正体は…

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)