張本勲氏、MLB日本人野手に苦言 「2割程度の体たらく」「大谷は右肘が…」

MLB日本人野手に張本勲氏が厳しいコメント。

スポーツ

2020/08/16 12:00

張本勲
(写真提供:JP News)

16日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏がアメリカ・メジャーリーグ所属の日本人野手をバッサリと斬った。



 

■苦しむ様子を紹介

番組ではメジャーリーグに所属する日本人選手の様子を取り上げる。エンゼルスの大谷翔平選手、レイズの筒香嘉智選手、レッズの秋山翔吾選手の野手陣が軒並み打率2割程度と苦しんでいることが紹介された。

元中日ドラゴンズの立浪和義選手は「メジャー特有の動くボールに苦しんでいる」と解説。速いボールが手元で落ちる、横に曲がるなどのボールを投げる投手が日本では少ないため、対応に苦しんでいるのではないかと分析する。


関連記事:関口宏、桑田真澄氏に「出るの嫌だったんですか?」と発言 不快との声も

 

■張本氏がバッサリ

張本氏は「アメリカ野球も随分レベルが落ちましたね。これだけ日本の選手を頼りにしてるような状態では。もちろんアメリカの選手もだいぶ出てない人もいますけどね」とバッサリ。リモート出演の立浪氏はびっくりした様子で苦笑いを浮かべる。

続けて「それなのに日本の選手は、こんな2割前後の体たらく。  例えば筒香はね、昔の悪いバッティングに戻りましたね。良いときのバッティングじゃない。大谷は右肘が悪いからね、今のままじゃ使ってくれないか分からない。もっと頑張ってもらいたいけどね」とかなり辛口なコメントをした。

次ページ
■反応に賛否両論