ホオジロザメに襲われるも生還したサーファー 開いた口にボードを突っ込みパンチ

サーファーがサメと遭遇する確率を「雷に当たるほど低い」という人もいるが…。

2020/08/17 09:40

サメ・サーファー
(ian600f/iStock Editorial/Getty Images Plus/写真はイメージです)

サーファーや海水浴客が突然姿を現したサメに襲われる。そんな痛ましい事故のニュースが世界の海からたびたび報じられるが、勇ましくも撃退に成功したという話題はほとんどない。それだけに、サメとの闘いに勝ったこの男の話題は貴重だ。



 

■絶体絶命の状況で…

オーストラリア・パースの南に位置する、西オーストラリア州の沿岸の町ナチュラリスト。そのバンカーベイという湾で先月31日、男性サーファーが巨大なホオジロザメに襲われた。

絶体絶命と思われたその状況でも冷静にサメと闘い、撃退し、命を守り抜いたことが世界のサーファーの間で話題になっている。


関連記事:20代の男性サーファー 社会的距離のルール守るもサメに襲われ無念の死

 

■大きな口を開けたサメ

果敢なサーファーは28歳のフィル・マムマートさん。彼が対峙したのは、映画『ジョーズ』のモデルで、人をたびたび襲うことで知られるホオジロザメだった。

フィルさんの右脚に鋭い歯を立てたサメは、体長が5メートル近くあった。だがフィルさんはサメが大きな口を開けると同時に、サーフボードをその口に押し込んで顎の動きを奪い、続いてサメの頭部を何度も拳で殴った。

次ページ
■63針縫う重症も「私は幸運」
オーストラリアパンチ九死に一生サメサーフィンサーファーホオジロザメ絶体絶命サーフボード
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング