『ミヤネ屋』マスク着用で炎天下の中継 宮根誠司のひと言に称賛の声

最高気温41.1℃を叩き出した静岡県浜松市にて、男性リポーターがマスク着用のままリポート。宮根誠司のひと言に、多くの反響が寄せられている。

エンタメ

2020/08/17 17:20


 

■とっさの判断に多くの反響

人との距離が十分保つことのできる状況下では、熱中症対策を優先してマスクを外すようにと、厚生労働省などからも呼びかけられている。

しかし、「マスク警察」などの存在も影響してか、多くの人がマスクを外さずにいる現状があり、今回の宮根の対応に視聴者からは「ミヤネ屋リポーターにマスク外させた!」といった称賛の声の他、「40度越えの浜松でマスクって。宮根が外せって言ってたけど、当然だわ」「なんで40度近くになる今日にマスクをつけたままリポートしなければいけない…」と、番組側の対応を問うような声もつぶやかれている。


関連記事:『ミヤネ屋』猛暑の中リポーターがまさかの行動に 「自由すぎて笑う」

 

■約4割「暑すぎて具合が悪くなった」

感染症対策と暑さ対策を並行して行う必要のある今夏。ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,376名を対象に実施した意識調査では、全体で約4割の人が「夏に暑すぎて具合が悪くなったことがある」と回答している。

熱中症

男女別に見てみると、女性のほうがやや高い割合に。

危険な暑さとなる屋外では、他人との距離が保てる場所であれば、マスクを外して熱中症対策に努めることが望ましい。マスクの着脱については、その時々で最善の対応を心がけていきたい。

・合わせて読みたい→日本郵便、配達員も「適宜マスク外す」 命を守る行動に理解求める

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年7月22日〜2016年7月25日
対象:全国20代〜60代の男女1,376名に調査(有効回答数)