カズレーザー、山下智久の処分めぐり小倉智昭に反論 「ヒエラルキーの話?」

『とくダネ』山下智久の謹慎めぐる一連の騒動に対し、小倉智昭が言及。カズレーザーの反論内容に注目が集まっている。

エンタメ

2020/08/18 12:30

カズレーザー

17日、先月末に未成年の女性たちと酒の席に同席していたことが発覚した歌手・山下智久を一定期間の活動自粛、KAT-TUNの亀梨和也を厳重注意処分にすることを、ジャニーズ事務所が発表

翌日、朝の報道番組ではこぞって一連の騒動が注目されたが、『とくダネ!』(フジテレビ系)では司会の小倉智昭に対する、お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーの反論が話題を呼んでいる。



 

■事務所側の方針

山下、亀梨共に、相手の女性が未成年だったという認識はなかったものの、飲食を共にしたことは認めている。当該女性については、店側が年齢確認を行なった際に成人であると説明していたという。

所属事務所は、今回の事態を引き起こした原因について「店内に居合わせた方が積極的に年齢を偽っていたことが挙げられるのではないか」とコメント。

一方で、「皆様が継続的に新型コロナウイルスと向き合いながらそれぞれ自主的に制約を設けて生活を送られている状況であったことからすれば、たとえ自治体による酒類を提供する飲食店への時短営業要請下にない時期の出来事であったとしても、自身の置かれた立場に対する自覚と責任欠けた行動であった」とし、両名の行為を重く受け止めている。


関連記事:カズレーザー、自費でPCR検査受けた理由に称賛相次ぐ 「他の芸人のことを…」

 

■「ちょっと厳しい」という意見に対し…

事務所の下した処分に対し、小倉は「事務所の処分が出たことによって、事がさらに大きくなりましたよね」「今はちょっと…厳しすぎるぐらい厳しいですね」とコメント。

するとカズレーザーは「未成年と飲酒してホテルへ行った」という状況が、2017年に未成年との淫行疑惑が報じられたお笑い芸人・狩野英孝とほぼ同じであることを指摘し、「狩野さんは半年休んだから…」と、山下が謹慎することを「仕方ない」と受け止めている。

次ページ
■カズレーザーが小倉に反論