『バイキング』榎並アナ、番組中に舌打ち 坂上忍が急遽フォローする事態に

フジテレビの榎並大二郎アナウンサーが『バイキング』収録中に舌打ち。番組MCの坂上忍が急遽フォローを入れる事態に。

エンタメ

2020/08/19 07:30

坂上忍

18日放送の『バイキング』(フジテレビ系)にて、同局の榎並大二郎アナウンサーが放送中に舌打ちをしてしまう一幕が。異例の事態を受け、番組MCの坂上忍が急遽フォローを入れた。



 

■「重症者」が言えず舌打ち

この日の番組では、新型コロナウイルスの重症者が急増しているという話題を取り上げる。その中で、番組の進行を務める榎並アナが、画面に映った「重症者が急増」という文字を読み上げようとしたところ、「重症者」の部分を噛んでしまった。

するとその直後、言い間違いがよっぽど悔しかったのか、榎並アナは「チッ」と舌打ちをしてしまう。これを見た、坂上は「頑張れ! 大丈夫だ!」と咄嗟にフォローを入れた。


関連記事:『バイキング』人ごみ映像の日付で謝罪するも… 坂上忍への批判が止まらない理由

 

■坂上は驚きを露わに

番組終盤で榎並アナは「今日、噛んで舌打ちをしてしまった…」と申し訳無さそうな表情で告白。これに対し、坂上は「最近、『重症者』がなかなか言えなくて、噛みまくってる。(榎並アナの中で)ちょっとイラついてたところがあった」と事情を説明しつつ、「まさか舌打ちするとは思ってなかったよ」と驚いた表情を見せた。

坂上のフォローを受け、榎並アナは「視聴者の皆様、お聞き苦しいところをお見せしました…」と改めて謝罪している。


■「ナイスフォロー」と称賛の声

番組コメンテーターの高橋真麻が「あの舌打ち、坂上さんかと思ってました…」と驚きの声を上げていたように、視聴者の中にも「舌打ちの主が榎並アナだと思わなかった」という人が一定数いたようだ。

ネット上には「あの舌打ちって榎並アナだったの!」「ハッキリ音が聞こえたから驚いた」といった声が多数上がっていた。また「坂上さん、ナイスフォローすぎるな」「フォローなかったら放送事故になりかねない…」など、坂上のフォローを称賛する声も少なくない。

次回、榎並アナが「重症者」のワードを読み上げる際は、その口元を注目してしまう人もいるのでは。

・合わせて読みたい→『バイキング』ヒロミ、突然の咳込みで空気が一変 坂上忍が慌ててフォロー

(文/しらべぇ編集部・北田力也