カンニング竹山、生中継先で熱中症疑いのスタッフをフォローして称賛

『直撃LIVE グッディ!』では、気温40℃を超える京都府から生中継。熱中症気味のリポーターをカンニング竹山がフォローした。

エンタメ

2020/08/20 06:15

カンニング竹山

19日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)に、お笑いタレント・カンニング竹山が出演。熱中症の疑いがあるスタッフをフォローする姿に称賛の声があがっている。



 

■気温40℃を超える京都から生中継

西日本を中心に、気温が40℃に迫る暑さを記録していた同日。番組では京都府の嵐山にある渡月橋から、ディレクターが中継を繋いだ。

マスク姿で直射日光に当たりながらリポートしたディレクターは、「かなり暑くて頭がフラフラしてきますね」とコメント。それもそのはずで、手元の温度計は40.1℃をさしていた。


関連記事:カンニング竹山、渡部建の不倫報道に言及 「天才すぎる」と反響相次ぐ

 

■ディレクターがヘルプを求める

猛暑の中、熱中症や日焼け対策についてインタビューしたことを伝えようとするディレクターだが、暑さのせいで意識が朦朧としてきたのか、「なんだっけな、すみません」「暑すぎて頭がボケっとしてるんですね、ごめんなさい。(スタジオに)お返ししときますね」と、スタジオにヘルプを求める。

安藤優子キャスターは「えー! もう一回お返ししていいですか?」と中継を続けようとするが、高橋克実やカンニング竹山が「危ない危ない」「ちょっと休憩したほうが良いんじゃない?」と中断を促し、スタジオ側で続きを引き取った。

次ページ
■竹山がすかさずフォロー