藤井聡太二冠の活躍で注目集まる「将棋」 ファンが感じる魅力3選

人気が戻りつつある将棋。その魅力とは…

ライフ

2020/08/21 12:00

藤井聡太

20日、藤井聡太棋聖が将棋の第61期王位戦を制して、18歳1か月で棋聖と王位の「二冠」になり、同時に八段に昇段した。

最近はワイドショーでも頻繁に対局結果が報じられ、注目度は格段に上がっている。ネットや道場で指す人の増加に加え、観戦専門の「観る将」も多いといわれる昨今。現在の人気はどうなっているのだろうか?



 

■将棋は好き?

しらべぇ編集部は全国の10~60代の男女1,894名に調査を実施した。

結果、「好き」と答えた人は30.3%。根強い人気を持っていることがわかった。


関連記事:元名人・加藤一二三、藤井聡太七段勝利に感動 「快心の勝利というべき一局」

 

■若者男性に人気広がる

将棋が好きな人を年代別に見ると傾向が出た。

10代男性の割合が最も高く、47.6%。また、20代も46.5%と高い。将棋と聞くと「おじいちゃんに人気」というイメージを持つ人もいるが、若者に支持される結果に。ネット中継の普及なども要因として考えられる。

実際にどのようなところに魅力を感じているのか。複数の将棋好きに聞いてみた。

次ページ
①年齢関係なく勝負できる

この記事の画像(2枚)