松本人志、箸袋にサイン求める失礼なファンと遭遇 爽快な対応が話題に

『ダウンタウンなう』では、松本人志が失礼なファンのとのやり取りを回顧。視聴者のあいだで話題に。

エンタメ

2020/08/22 07:15

松本人志

21日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では、松本人志が、以前に遭遇した失礼なファンとのエピソードを披露。そのやりとりが、ネット上で話題になっている。



 

■ファンから呼び捨て?

今回放送では、新企画「人志松本の酒のツマミになる話」がスタート。『人志松本のすべらない話』(同系列)のセットを使用し、お酒のお供になる「ちょっとした話」を各ゲストが順に話していくという趣旨だ。

まず口を開いたのは、Kis-My-Ft2・千賀健永。ファンに「千賀」と呼び捨てにされることが多いと悩みを吐露すると、これに千鳥・ノブが「大悟は『大悟さん』なのに、ノブは『ノブ』(と呼ばれる)」と共感。

対して松本は、ほとんどの人から「まっちゃん」と呼ばれるために、呼び捨てはないと語る。結果的に「愛称」をつけてしまえば解決するのでは、という流れで収まった。


関連記事:松本人志、突然の「だっふんだ」発言に会場騒然 その真相が感動的だった

 

■割り箸入れにサインを求められ…

この話に絡め、松本は失礼すぎるファンとのやりとりを回顧。割り箸入れにサインを求められたことがあると話し、その対応が「いまでもカッコ良かったなと思う」と自画自賛するほどの出来だったようだ。

その際、文句ひとつ言わず袋を受け取った松本は、なんとそこに「おてもと」と記入。うまくボケつつ、さらに「まつもと」とかけている点にも注目が集まり、スタジオからは称賛の声が上がった。

次ページ
■「発想が天才的すぎる」