抵抗した6歳の子の目の前で… 父親が母親をコンクリートで13回殴り殺害

被害者はなぜ当局に相談せず、こんな狂暴な男をそのまま同居させていたのだろうか。

社会

2020/08/23 10:00

夫婦喧嘩
(Kiwis/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

体も大きく腕力の強い父親。どんなに歯向かったところで、手も足も出ないことを幼い子供たちはわかっている。それでも彼らは事件当日、怒り狂う父親の暴力から大切な母親を守ろうとした。



 

■子供が父親の母親殺しを目撃

昨年11月下旬、ニュージーランド・ワイカト地方のハミルトン市で、父親が子供たちの目の前で母親を惨殺するという、極めて悲劇的な家庭内暴力致死事件が発生。そして先日、裁判が結審した。

殺害されたのは、6歳から14歳まで8人の子を育てていた主婦のクリスタル・リー=セルウィンさん(38)。子供の父親による激しい暴力で血まみれになり、大変むごたらしい最期だった。


関連記事:発砲ウレタンスプレーを口に吹き込み我が子を惨殺 ナルシストの父親に終身刑

 

■被告には愛着障害の問題

事件を起こした父親であるルーベン・ポール・ピーニ被告(36)は、クリスタルさんとは18年にわたるパートナーで、8人のうち6人の子の実父。事件当時ふたりは男女としては破局していたが、経済事情や育児負担を理由に同居は続いていた。

2008年には別の交際相手にも暴力をふるい、有罪判決を受けたピーニ。その際には、幼少期における親の養育放棄が原因となる「愛着障害」の問題を指摘されていたという。

次ページ
■重さ7キロの鈍器で13回も…

この記事の画像(1枚)