「いいね」ほしさに子猫を溺死させ… SNSに違法動画を投稿した17歳少女が逮捕

「残虐性」という異常な刺激で、真に人の心をつかむことはできない。愚かな投稿者は通報されるだけだ。

社会

2020/08/23 07:30

泳ぐ猫
(marieclaudelemay/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

SNSのアカウントにもっと多くのフォロワーがほしい、投稿にもっと「いいね」がほしい。そう切望した少女は、浅はかにも「ショッキングな動画で話題をさらおう」と考えたという。



 

■必死にもがく子猫たち

オーストラリア・クイーンズランド州ミルバンクに暮らす17歳の少女が、動物保護法違反および動物虐待致死容疑で逮捕された。

少女は水を張った小さな水槽に生まれたばかりの子猫3匹を入れ、無理やり水中に沈めて溺死させる様子を録画し、スナップチャットやフェイスブックに投稿していたのだ。


関連記事:SNSを悪用し少女に接近 わいせつ目的で誘拐した男たちを逮捕

 

■やめさせようとした友人

少女は友人に「子猫がいっぱい生まれたんだけど、育てるのに十分なスペースもないから殺して、ついでに動画を撮ろうと思っている」と、驚きの計画があることを打ち明けていた。

友人は「絶対にだめ!」「子猫をほしがっている人を探して、売るか譲るかしたほうがいい」と忠告したが、少女は「こんなことができるのも今のうち」などと言い、恐ろしい計画を実行に移した。未成年者は何をしても許されるといった、傲慢な甘えがあったようだ。

次ページ
■違法動画として通報される

この記事の画像(2枚)