川で溺れる子供たちを撮影し動画をシェア 遺族が見物人らに激怒

川で遊んでいる女の子たちが溺れる事故が発生。しかし多くの人は撮影に夢中になり、救おうともしなかった。

社会

2020/08/23 08:00


 

■死亡した少女

事故発生後ほどなくして、レスキュー隊が現場に到着。少女ら3名を救出しようと尽力し2名を助けたが、残る1名はその日の晩に水死体となって発見された。

その後に事故に関するコメントがSNSに多く書き込まれたが、中には「危険な川に入ったのが悪い」といった批判もあったことから、遺族はさらに苦しむことに。遺族によると少女たちは日頃からしっかりしたタイプで、危ない川をわざわざ選んだ事実などないという。


関連記事:10代の男性2名が溺死 川で溺れた5歳女児の救出を試みて力尽き…

 

■遺族の悲しみ

亡くなった少女の親戚にあたる女性がメディアの取材に応じ、「動画を撮影した人たちがいたと知り、気分が悪くなりました」「撮影などせず手を差し伸べてくれていたら、こんな結果にはならなかったでしょう」と語った。

苦しむ人を撮影するなどもってのほかだが、かといって川に飛び込み救助を試みることで、自分も溺れてしまう可能性がある。

溺れている人を見かけた際はひとまず浮き輪やロープなどを探し、あれば一刻も早く投げてつかませる、そしてすぐに通報して助けを呼ぶことが大事だと言われている。

危険が伴うだけに救助しなかった点を責めることはできないが、助けを呼びもせず、苦しむ少女らを見世物にした人たちの行為は悪質だ。

・合わせて読みたい→川のほとりで巨大ワニが14歳少年を襲い… 5日後に捕獲も胃には服と骨のみ

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事の画像(1枚)