倒れた従業員を傘3本で隠し放置 営業を続けたスーパーの非情ぶりに批判殺到

救急車の到着を待つまで倒れた人を放置。顧客であっても従業員であっても許されることではない。

社会

2020/08/23 08:40

大型スーパー
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

店や施設で重病人が発生した場合、責任者は緊急通報するとともに、命を助けるための努力を最優先するべきだろう。そして万が一の場合にも、命の尊厳を重んじる姿勢をとるべきだ。



 

■突然倒れた販売部長

ブラジル北東部ペルナンブッコ州にある港湾都市レシフェ。8月14日午前8時頃、大手スーパーマーケット『カルフール(Carrefour)』で、マノエル・モイセス・カヴァルカンテさんという販売部長の男性が突然倒れ、死亡した。

その後、誰もが「人の命をここまで軽く扱うとはいかがなものか」と不快に感じる状況が繰り広げられ、波紋を広げている。


関連記事:営業再開もセクシーダンサーはマスク着用 「この姿に慣れてもらうしか…」

 

■大きな傘で覆い隠す

倒れたまま意識を失ったマノエルさんのために通報がなされたが、ブラジルでは救急車の出動・到着自体が遅い。脳卒中も予想され、彼の体をむやみに動かすことが許されないなか、店長は店の営業を続けることを決めた。

大きく広げたアウトドア用の傘3本で倒れているマノエルさんの体を覆い隠し、その周囲をベニヤ板や積み上げられたビール入りの段ボール箱で囲んだという。

次ページ
■「人の命より収益が優先か」

この記事の画像(1枚)