猛毒魚の棘でアナフィラキシーショック シュノーケリングの16歳少年が死亡

海の事故もいろいろだ。猛毒を持つ生き物に襲われて死亡する事故も少なくない。

社会

2020/08/24 09:40

Spotted weever
(AlexeyMasliy/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

シュノーケリングからなかなか戻らない息子に不安を感じ、捜索願を出した両親。その後に心肺停止状態で発見された息子の首と顔に見つかった傷は、平和なビーチに思わぬ危険が潜んでいることを示す、きわめて不吉なものだった。



 

■自然界と動物を愛した少年

スペイン・バルセロナの北東に位置するカタルーニャ州ジローナ県が誇る、壮大な海岸線のコスタ・ブラバ。

その人気のビーチリゾート、プラヤ・デアロで今月15日午後にシュノーケリングをしながら水中を撮影していたアルナウ・Bさん(16)が、棘に猛毒を持つ魚に顔や喉を刺されて死亡した。

アルナウさんは自然や動物をこよなく愛する少年で、美しい、あるいは珍しい写真や動画を専門誌や地元メディアにたびたび提供していた。


関連記事:あばれる君、危うく死にかけたアクシデントに騒然 「ヒヤッとした」

 

■医師が気づいた複数の傷口

30分経ってもシュノーケリングから戻らないアルナウさんに不安を感じた両親。ライフセーバーに捜索と救助の協力を求めたが、その15分後に水中で発見されたアルナウさんはすでに心肺停止の状態だった。

当初は溺死が疑われたが、搬送先の病院で医者は顎の下や顔に2〜3ミリの小さな傷口が複数あることを発見。この海岸の浅瀬に生息している猛毒魚に刺された可能性を指摘した。

次ページ
■色鮮やかな魚に遭遇

この記事の画像(1枚)