『24時間テレビ』高橋尚子、苦しそうな陣内に気づき… 直後の対応に称賛

『24時間テレビ』のフィナーレで、全員で走った「チームQ」。その中で、1人遅れてしまった陣内貴美子キャスター

エンタメ

2020/08/24 04:30

高橋尚子

22日から23日にかけて放送された『24時間テレビ』(日本テレビ系)内で行われた、高橋尚子さんとチームQによる「募金ラン」。

番組のフィナーレでは、チームQとして走った5人と一緒に走る感動的な展開を迎えたのだが、その中で高橋さんが取った行動に、大反響が寄せられている。



 

■目標の100キロを超えても…

5キロ走る毎に10万円を募金していく、今回の「募金ラン」。リレー形式で走っていくチームQとは別に、高橋さんは放送時間中1人で走り続けていた。

高橋さんは当初、目標距離として「100キロ」を設定していたが、22日から順調に走ってきたこともあり、100キロを走破した後も、番組時間終了まで走り続けることを決断。チームQの5人も、放送終了時間まで余裕を持って目標の120キロを完走し、全員で高橋さんに声援を送っていた。


関連記事:『24時間テレビ』100キロ走り終えた高橋尚子さん まさかの一言に衝撃

 

■一人遅れた陣内キャスターに寄り添う

そして、いよいよ番組がフィナーレに差し掛かると、チームQの5人が高橋さんとともに走るという演出がなされる。

しかし、陣内貴美子キャスターが次第に隊列から1人遅れていき、時折苦しそうな表情を見せる場面が。そんな陣内キャスターの様子に気づいた高橋さんは、グッと速度を落として陣内キャスターの横へ。

大親友の野口みずきさんに先頭を任せ、高橋さんはしばらく陣内キャスターのペースに合わせて伴走。そんな高橋さんのフォローもあり、6人全員で番組終了まで走り続けることができた。


■感動のラストに拍手喝采

目標の100キロを超えても笑顔で走り続け、チームへの細やかな気遣いも光った高橋さん。

列の最後尾で、陣内キャスターに優しく寄り添って走る姿に、「最後陣内さんが遅れ気味になったときに陣内さんにペースを合わせた気づかい!!」「陣内さんに合わせてんだ…すごい…」「Qちゃんカッコイイ 陣内さんは今日もカッコイイ」「さすがや…」など、インターネット上でも拍手喝采が沸き起こった。

なお、今回の募金ランで、チームQによる募金額総額は470万円超となる。

・合わせて読みたい→『24時間テレビ』100キロ走り終えた高橋尚子さん まさかの一言に衝撃

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい