『ポツンと一軒家』に再登場の年中無休ブリーダー 林先生が現在の生活を心配

『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)では、岡山県に住むブリーダーを1年半ぶりに取材。

林修

23日に放送された『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)では、1年半前に訪ねた岡山県のブリーダーの現在を取材。

人里離れた山奥で犬を飼育しているというブリーダーの男性は、年中無休で仕事をしているとのこと。林修は、そんな男性の現在の生活を心配している。



 

■1人で42頭の面倒を…

1年半前、男性は14犬種42頭の犬を犬舎で飼育していた。そんな男性は、犬を遊ばせている間に1人でケージを掃除したり、空調機2台で犬舎内を適温に維持したりと、犬の体調管理を何よりも大切にしている。

そのため、男性には365日休みがなく、なんと年中無休で働いているようだ。また、ブリーダー以外にも、朝は運送関係の配達の仕事もしているという男性は、配送の仕事を終えるとその後犬舎に戻るとのこと。


関連記事:飼い主のいぬ間に… 嫉妬に狂った愛犬が生後26日の双子を噛み殺す

 

■ブリーダーになる要因になった犬を飼育

男性は高校3年生の時にドーベルマンに一目惚れし、自分で飼い始めたのがブリーダーになるきっかけとなった。番組では1年半ぶりにその男性を取材。すると男性は今、生後10日になるラブラドールの赤ちゃんを犬舎で育てていると明かした。

その他、男性はブリーダーになる要因となったドーベルマンを飼っていて、展覧会を目指して訓練させているとのこと。1年半よりも多忙な男性の現在に、林は「ますます家に帰れなくなっちゃいますね」と、心配を口にした。


■「こういう人もいるんだと」

視聴者からは「ブリーダーさんのお家みたいな環境は良い環境だなぁ」「ちゃんと犬が過ごしやすい環境にしているみたいだし安心した。こういう人もいるんだと」と、男性の飼育環境を称賛。

また、「こういうブリーダーさんばっかだといいけどね…!」「ポツンと一軒家のブリーダーさんみたいな方が増えればいいのに」と、犬を第一に考える男性のようなブリーダーが増えるよう祈る声も上がった。

1頭でも多くの犬が、男性のように思いやりのあるブリーダーに飼われることを願わずにはいられない。

・合わせて読みたい→小型犬が闘犬に襲われボロボロにされて死亡 襲った犬の飼い主は無責任に逃走中

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子