武井壮の老化への考え方がかっこよすぎる 「説得力しかない」「最高の言葉」

武井壮の老化への考え方がかっこよすぎる。その考えを支えているトレーニングもハードだった。

エンタメ

2020/08/24 19:20

武井壮

タレントの武井壮が24日に自身のツイッターを更新。老化への考え方が「かっこよすぎる」と話題になっている。



 

■体の老化すら倒してしまう

30歳を過ぎると体がガクッと衰える…そんなことを知り合いからいわれ続けてきたという武井。しかし、「オレはガクッとくるどころか5年ごとにグイッと来てる。その違いは『やったかやらなかったか』それだけだ」とつづり、いつもどおりの強いメンタルを全面に出した。

2018年に開かれた、第21回世界マスターズ陸上競技選手権大会の「4×100mリレー(45~49歳クラス)」では、43秒77の記録で優勝するなど、自身の肉体でその言葉を証明している。


関連記事:武井壮、美女3名に囲まれた写真に驚きの声 「武井さんが一番弱そう…?」

 

■説得力のある発言に絶賛の声

この投稿に対してネットでは、「説得力しかない」「凄まじくかっこいい」「最高の言葉ですね」「常に前向きで、実績や結果からくる発言だと思うのでいつも関心しています」といった絶賛の声が続出。

その他には、「誰もがそう言いたいですが、その努力は真似できない…」「武井さんのYouTubeを見ていると、本当にそう思います」など、武井が行ってるハードなトレーニングに対してのコメントも多くみることができた。


■YouTubeではトレーニングの様子を…

武井は自身のYouTubeチャンネルで「武井壮の作り方」という動画を投稿している。

約6分間の動画では、壮絶なトレーニングで自分自身を追い込む姿を公開。

これだけストイックな毎日を過ごし、47歳になった今でも鋼のような肉体を維持している武井だからこそ、体の老化を感じないといえるのではないか。

・合わせて読みたい→武井壮、意外すぎるグループと間違われファン爆笑 「加入しちゃう?」

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太