放送55年目の長寿番組『笑点』 人気に地域差があると判明

日本屈指の長寿番組『笑点』。その人気は…

エンタメ

2020/08/25 11:30

春風亭昇太

1966年5月15日にスタートし、今年で放送から55年目を迎えた人気演芸番組『笑点』(日本テレビ系)。歴代の司会には立川談志、5代目三遊亭圓楽、桂歌丸などが担当し、現在は春風亭昇太が務める。

日本テレビの看板番組として、長年老若男女に親しまれている『笑点』。その人気はどうなっているのだろうか?



 

■『笑点』は好き?

しらべぇ編集部は全国の10~60代の男女1,894名を対象に調査を実施した。

結果「『笑点』が好き」と答えた人は52.9%。好きな人が半数を超える結果となった。


関連記事:コロナ禍で消費量低下が叫ばれる牛乳 老若男女に愛される理由とは

 

■地域別に見ると傾向

「『笑点』が好き」と答えた人を地域別に見ると傾向が出た。

最も高い割合だったのは、北関東で58.8%。2位には収録の舞台となっている後楽園ホールのある首都圏だった。一方、唯一半数を下回ったエリアは近畿。42.3%と『笑点』を好む人の割合に、他のエリアと10ポイント近く差が現れている。

次ページ
■近畿民の意見は?

この記事の画像(2枚)