吉野家、ご飯が進みまくる『月見牛とじ御膳』が帰ってくる 一部メニューは持ち帰り可能

吉野家が、27日より秋限定商品 『月見牛とじ御膳』『牛とじ御膳』の販売を開始する。

グルメ

2020/08/25 15:00

(©︎吉野家/月見牛とじ御膳)

大手牛丼チェーン店・吉野家が、27日より全国の吉野家店舗で秋限定商品 『月見牛とじ御膳』(648 円+税)と『牛とじ御膳』(598 円+税)の販売を開始することを発表した。


画像をもっと見る

 

■ご飯のお代わりも無料

(©︎吉野家)

『月見牛とじ御膳』は、「牛とじ」とご飯、玉子、みそ汁、お漬物の5品を御膳仕立てにて提供。「牛とじ」は吉野家の牛丼の具を2個分の溶き玉子でふんわりととじ、甘辛い特製すきやきのたれをたっぷりと追加し、青ねぎをあしらった一品となっている。

その上に月に見立てた玉子を追加し、「月見牛とじ」とするのが吉野家流のお月見。

そんな、甘辛い濃厚な味わいを楽しむことができる『月見牛とじ御膳』は、ご飯が進むこと必至。なお、御膳や定食のご飯はおかわり・増量ともに無料となっている。


関連記事:牛丼マニアなら常識 松屋の牛めしを実質80円引きで楽しむ方法

 

■『牛とじ御膳』はテイクアウト可能

(©︎吉野家/牛とじ御膳)

店舗で熱々の鉄鍋で食べるのもいいが…じつは『牛とじ御膳』に限り、今年からテイクアウトも可能(『牛とじ御膳』のテイクアウトには、みそ汁とお漬物はつかない)テイクアウト派の人も是非チェックしてみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→「エコバッグでテイクアウトは不安」問題 多くの飲食店が対策をしていた

(文/しらべぇ編集部・ステさん

この記事の画像(3枚)