本意ではないけれど… コロナ禍で生活の変化を実感した瞬間4選

人間の生活に変化を与えた新型コロナウイルス。その影響を聞くと…

ライフ

2020/08/26 11:30

コロナ禍のソーシャルディスタンス
(maroke/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

本来なら東京五輪が開催され、国民が大いに盛り上がるはずだった2020年。新型コロナウイルス影響で延期になり、肩を落としている人も多いのではないだろうか。

コロナの悪影響は、外出ができない、予定していたイベントが中止になるなど、さまざまなものがある。なかには、生活が大きく変わったと思っている人もいるようだ。



 

■コロナで生活が変化した?

どのくらいの人がコロナで生活が変わってしまったのか。しらべぇ編集部が全国の10~60代の男女2,168名に調査を実施した。

結果、「コロナで自分の生活が変わったと実感している」と答えた人は46.5%。かなり多くの人が変化を感じているようだ。実際にどう変わったのか。複数の人に聞いた。


関連記事:新型コロナで人とのつながりの大切さを実感 10代女性は7割も

 

①マスク生活

「私は花粉症でもなく、風邪もほとんど引かなかったのでマスクをする機会がほとんどなかった。コロナになり、外出時にはマスクをつねに着けざるを得なくなった。だいぶ慣れてきましたが、今も息苦しさを感じる」(30代・男性)

次ページ
②在宅勤務で夫が家にいる

この記事の画像(2枚)