くら寿司の500円海鮮丼をタダで「1000円の味」にする方法 寿司の定番で…

くら寿司の海鮮丼を無料で1000円の味にする方法とは

グルメ

2020/08/26 09:40

500円で食べられる海鮮丼の中では最高峰、くら寿司の『旬の海鮮丼』。平日17時まで提供されているので、遅めのランチにもピッタリの丼だ。


画像をもっと見る

 

■使うのはガリとわさび

そのまま食べても美味しいのだが、くら寿司マニアである記者が、500円の海鮮丼を1,000円の味にする方法を伝授しよう。

使うのは卓上にあるガリと、わさびだけ。これをどうするのかというと…


関連記事:ドン・キホーテの海鮮丼が激ウマ 回転寿司もビビるコスパに衝撃

 

■あとは混ぜるだけ

海鮮丼の上に載せ、その上から醤油をかける。こうすることで酢飯に醤油が染みないため、美味しいくら寿司の酢飯の味を邪魔しないのだ。

あとはそれを鮮魚に混ぜれば、ちょうどよくわさびや醤油の味が染みた寿司ネタが完成。いうなれば海鮮丼をばらちらしのような感覚で食べることができるようになる。


■美味しくリーズナブルなランチを食べたい人はぜひ

酢飯と具材の味がはっきりとわかれ、ガリの甘みやわさびの風味が鮮魚に混ざり絶品! これがタダでできるのだから、やらない手はないだろう。

いまなら700円で超お得なランチセットも提供しているくら寿司、リーズナブルに美味しいランチを食べたい人は、ぜひ行ってみてほしい。

・合わせて読みたい→くら寿司「AIまぐろ」普通のまぐろと変わらない説 本当か確かめてみた結果

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(5枚)