パンサー向井、芸人としての苦悩が爆発 視聴者から心配相次ぐ

『あちこちオードリー』でパンサー向井慧が芸人としての本音を漏らして…

エンタメ

2020/08/26 16:00


 

◼若林にも嫉妬

さらに向井は、それまで共感していた若林との差も語りだす。

「俺と若林さんは違う。若林さんはネタも作ってるし『IPPONグランプリ』で結果を残している。(自分は)それもないってなると、(お笑いに)そりゃ愛されないよなって」と主張する。

それでもお笑いが好きで仕事もあり、食べていける現状。「芸人を辞めないために、自分のMAXをどう叩き出せるかをやっているだけ」と力説する。

この向井の嘆きに管は「だとしたら申し訳ない。お笑いを雑に抱いてきたかも」と斬り捨て、向井が嫉妬する爆笑をここでもあっさりと生み出した。


関連記事:有吉弘行がパンサー・菅良太郎にマジ説教 「尾形をバカにするなよ」

 

◼視聴者は向井を心配?

若林は「胸が熱くなる」と向井の独白を受け入れたが、春日や尾形は「楽しく、笑ってりゃイイんだよ」とその悩みに軽く答える。「お前たちはお笑いに愛されているからわからない」と若林は総括した。

このやり取りに「向井どうした。そうとう抱え込んでんな」と向井を心配する視聴者の声が目立っている。

ただ「向井がめっちゃお笑い好きなこと知って応援したくなったぁ」「向井さんの歯痒さが痛いほどわかる」「向井だけドキュメンタリーなの面白い。こういうトーク番組増えるといいな」と向井を応援する声や、楽しんだ声も殺到していた。

芸人として悩み続けてきた向井、ここにきてついに花開いたのかもしれない。

・合わせて読みたい→パンサー向井、絶対に許せないスタッフと女芸人を暴露 「名前を控えさせてもらった」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ