超年上の夫に嫌気がさし… 愛人2名と共謀し殺害した女を逮捕

愛情を感じない夫を始末したい。そう考えた妻が夫を殺し自殺に見せかけようとしたが、嘘はつきとおせなかった。

社会

2020/08/27 10:30


 

■数々の嘘

8月18日に夫の首つり遺体が発見されたため、警察はすみやかに捜査を開始。

女は「夫はうつ病を患っていたのです」「だから自殺してしまったのでしょう」などと説明し悲劇の妻を演じたが、夫の家族が駆け付けたことに動揺したとみられ、そちらには「食中毒で死んでしまった」などと説明。

それを聞き「怪しすぎる」「警察の話と食い違う」と考えた夫の家族が当局に相談したことで、女はさらに細かい事情を聴かれることになった。


関連記事:出会い系で見つけた男性との同性愛不倫から妻に高額保険金かけ殺害 夫に実刑判決

 

■発覚した事実

夫の遺体を調べた結果、当局は「首つり自殺ではない」「絞殺されたとみて間違いない」と断定。そこで女を問い詰めたところ「夫を殺害しました」と認めたため愛人1名と共に逮捕したが、もうひとりの愛人は逃げ出し今も捕まっていない。

殺害の動機を問われた女は、「夫との年齢差が大きすぎた」と供述。また殺害に協力した愛人2名は兄と弟という関係で、女とは家族の紹介で知り合ったとのこと。うち1名は女の親戚であると偽り、夫婦の自宅に転がり込んでいたことも明らかになった。

なぜ離婚ではなく殺害を選んだのかなど、詳しいことは現在も調査中だという。

・合わせて読みたい→研修中の女医が子供の目の前で夫を殺害 「独特の目つきが怖かった」

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事の画像(1枚)