丸亀製麺、満月に合わせて登場する新メニューがスゴい… 玉子好きは必見

『丸亀製麺』では、今年から「うどんでお月見」シリーズを販売。釜玉うどんなどの定番メニューに加え、期間限定の新商品も登場するぞ

グルメ

2020/08/27 16:20

株式会社丸亀製麺が展開する讃岐うどん専門店『丸亀製麺』では、秋のお月見にぴったりの打ち立てうどんと玉子が絡み合う商品を“うどんでお月見シリーズ”として、今年から販売することを発表した。


画像をもっと見る

 

■「月見鶏すき焼きぶっかけ」が新登場

丸亀製麺「月見鶏すき焼きぶっかけ」

今年のおすすめは新商品の「月見鶏すき焼きぶっかけ」。9月2日(水)の満月の日~10月5日(月)まで全国の丸亀製麺にて、期間限定で販売される。

「月見鶏すき焼きぶっかけ」は、日本の秋の風物詩である“お月見”をイメージした商品。食感が異なる鶏むね肉、もも肉、つくねと香ばしく焼き上げた白ねぎを濃厚な甘辛いタレですき焼き風に仕上げられているという。打ち立てでもちもちのうどんと生玉子、甘辛い鶏すき焼きが絡むお月見の季節にぴったりの逸品だ。

価格は並:690円、大:800円、得:910円となっている(全て税込み価格)。


関連記事:丸亀製麺、七夕のお願いが直球すぎる 「切実さが伝わってくる」

 

■一部店舗で「旨辛月見まぜ釜玉うどん」も

丸亀製麺「旨辛月見まぜ釜玉うどん」

一部店舗では、「旨辛月見まぜ釜玉うどん」も9月2日(水)から販売される。

釜から直接あげたもちもちの麺の上に、そぼろと白ねぎ、かつお粉と刻みのりをのせたごま油が香るたれが絡み合うボリューム満点のひと品。

そぼろは、しょうゆをベースにしょうがとにんにくを利かせて甘辛に仕上げており、仕上げに温泉玉子を添えたお月見の季節にぴったりだ。

こちらは、並:620円、大:730円、得:910円となっている(全て税込み価格)。


■定番メニューでもお月見気分に

丸亀製麺

「月見鶏すき焼きぶっかけ」「旨辛月見まぜ釜玉うどん」に加えて、打ち立てうどんとまろやかな玉子の絡み合いがたまらない肉系や定番商品などが、丸亀製麺の“うどんでお月見シリーズ”として販売されるぞ。

がっつり食べたい方は、打ち立てうどんと玉子、さらに旨みあふれる牛肉との絡み合いが相性抜群な肉系うどんがおすすめ。

シンプルにあつあつ・もちもちの麺とうどんの熱でとろりと溶けだした玉子の絡み合いを楽しみたい方は、釜から直接麺をあげる釜玉うどんがおすすめだ。

今年は丸亀製麺でお月見気分を堪能してみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→埼玉うどん初心者にもおススメ 川越市・たぐち家が優しさあふれる店

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(4枚)