井上真央主演最新作『大コメ騒動』 ポスタービジュアルと公開日解禁

井上真央主演最新作『大コメ騒動』のポスタービジュアルと公開日が解禁。富山県で先行公開されることもわかった。

大コメ騒動
(©︎『大コメ騒動』)

28日、女優の井上真央が主演を務める映画『大コメ騒動』のポスタービジュアルが解禁された。



 

■痛快エンタテインメント作品

本作は約100年前に富山で起こった「米騒動」の史実に基づき、そこで活躍した女性たちにスポットを当て描く、痛快エンタテインメント作品。

映画やドラマでも多数主演を務め、数々の映画賞を受賞、日本を代表する女優の一人である井上は、周りに流され自己主張が苦手ながらも、実は聡明な主人公・松浦いとを演じる。


関連記事:佐久間由衣主演『君は永遠にそいつらより若い』 ティザービジュアル解禁

 

■メガホンをとるのは本木克英監督

メガホンをとるのは、人気シリーズ『釣りバカ日誌』や『空飛ぶタイヤ』など数々の映画を手掛け、大ヒットを記録した『超高速!参勤交代』では日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞した、富山県出身の本木克英監督。井上とは2007年に公開された映画『ゲゲゲの鬼太郎』以来2度目のタッグとなる。

夏木マリ、三浦貴大、そして富山県出身の室井滋、立川志の輔、西村まさ彦、柴田理恵、左 時枝ら、豪華キャストの競演も話題だ。


■富山県では先行公開

今回解禁されたポスタービジュアルは、井上演じる主人公・いとをはじめ、おかか(=女房)らがコメの価格高騰を阻止すべく立ちはだかる勇ましい姿が目を引くものに。いとの怒りをストレートに表現した、「もう我慢できん!」というキャッチコピーも鮮烈だ。

また、2021年1月8日(金)全国公開、米騒動発祥の地である富山県では2021年1月1日(金)から先行公開することも本日解禁となった。


【作品概要】
■タイトル:『大コメ騒動』 読み方:だいこめそうどう

■監督:本木克英(『釣りバカ日誌』『超高速!参勤交代』『空飛ぶタイヤ』『居眠り磐音』)

■出演:井上真央、三浦貴大、夏木マリ、立川志の輔、吹越 満、鈴木砂羽、舞羽美海、左 時枝、柴田理恵、木下ほうか、西村まさ彦、中尾暢樹、冨樫 真、工藤 遥、吉本実憂、内浦純一、石橋蓮司、室井 滋

■プロデューサー:岩城レイ子

■プロダクション統括:木次谷良助

■脚本:谷本佳織

■音楽:田中拓人

■配給/ラビットハウス、エレファントハウス

・合わせて読みたい→内藤瑛亮監督、『許された子どもたち』制作の経緯と裏側を語る

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

この記事の画像(2枚)