『バイキング』坂上忍の強烈なイジりに榎並アナたじたじ 「パワハラじゃ…」

フジテレビの榎並大二郎アナウンサーが「見えない家事」を発見したことについて語る。ネットでは共感の声が寄せられた。

エンタメ

2020/08/28 06:45

坂上忍

27日放送の『バイキング』(フジテレビ系)では、榎並大二郎アナウンサーがコロナ禍ならではの「発見」について語ったところ、番組MCの坂上忍から厳しいイジりを受けた。これに対し、ネットでは大きな反響が寄せられている。



 

■新たな発見

この日の番組では、「コロナ禍での夫婦仲」についてフォーカス。妻帯者である榎並アナは、コロナ禍で起きた変化について訊ねられると、「これまで奥さんが家で何やってるかわかってなかったんですけど、家事ってやることたくさんあるんですね…」と回答していた。

これまで洗濯や掃除のような家事しか意識してこなかったようで、「見えない家事があるんだな」と続けている。


関連記事:『バイキング』坂上忍が欠席 ブラマヨ小杉の代役に「癒し」「さすが」

 

■「かわいそう…」と心配の声

番組終盤で榎並のエピソードを再び持ち出した坂上は「榎並が気づかないうちに奥さんがやってくれてること、たくさんあると思うよ」とした上で、「反省しよう」と責め立てる。キツめのイジりを受け、たじろぎつつも、榎並アナは「積み重ねってほんと大切だな」と苦笑いしながら、反省する様子を見せた。

この放送を見た視聴者からは「見えない家事に気づいてくれる男性は貴重な存在だよ!」「榎並アナの好感度急上昇」といった声のほか、「榎並アナへのイジりを見てると、心配になる」「榎並さんかわいそう…」「これパワハラじゃないの?」といった心配のコメントも少なからず寄せられている。


■コロナ前より家事をしている人は…

「今後はなるべく家事に協力していきたい」とも語っていた榎並アナ。ちなみに、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女2,168名に調査したところ、全体の51.6%が「新型コロナウイルス蔓延前より家事をする時間が増えた」と回答している。

新型コロナウイルス蔓延前より家事をする時間が増えたグラフ

日頃、家事を妻に完全に任せっきりにしている人も多いのではないだろうか。今回の榎並アナのように、自分の間違いを反省する姿勢が夫婦円満の鍵を握っているのかもしれない。

・合わせて読みたい→東京都で100人以上の感染確認 ツイッターで関連ワードが次々トレンド入り

(文/しらべぇ編集部・北田力也

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年7月3日~2020年7月7日
対象:全国10代~60代の男女2,168名(有効回答数)