食事の恩を仇で返す? 貧しい住民が裕福な一家の娘を強姦し殺害か

「貧すれば鈍する」、そして「恩を仇で返す」という言葉があるが…。

社会

2020/08/29 12:30

貧富の差
(erllre/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

長年の貧困との闘いで、親切心を有難く受けとめる感受性を失ってしまったのだろうか。容疑者はまだ犯行を認めていないが、地元では恩を仇で返すような許しがたい事件が起きたと話題になっている。



 

 

■金持ち一家の親切心

事件はドミニカ共和国・東サントドミンゴ市のエンサンチェ・イサベリタで起きた。

ろくに食べ物を与えてもらっていないのか、ひどく痩せ、みすぼらしい身なりの幼い息子を連れたエステルリン・フランシスコ・サントス(40)という近隣住民に、「なんと気の毒な親子だろう」と同情したエマニュエル・サンチェスさんと妻のリセロット・ガルシアさん。

ある日、サンチェス夫妻は親切心でサントス親子に「自分たちにも同じくらいの年齢の娘がいる。一緒に温かい食事を」と誘いをかけた。しかし、それが悲劇の始まりだった。


関連記事:「監禁と性的暴行に耐えきれず」は嘘か 父親を殺した3人娘の事件に驚きの展開

 

■食事が縁で急接近

その少し後となる今月16日、娘のリズ・マリア・サンチェスちゃん(9)が行方不明に。最後に目撃されたのはサントス家に入る姿だった。

リズちゃんの母親リセロット・ガルシアさんは、警察に「食事に誘った後、リズはたびたびサントスの家に出入りするようになった。当日は、携帯電話をプレゼントしてくれると聞いて喜んで出かけた」と説明した。

次ページ
■「あれは警察の自白強要」

この記事の画像(1枚)