和地つかさ、大量の唐辛子で真っ赤な麻婆豆腐を調理 「だいぶ赤い」と驚きの声

激辛好きのグラビアアイドル・和地つかさが、大量の唐辛子を使ってとんでもない料理を…

エンタメ

2020/08/29 15:20

和地つかさ

「国宝級」と呼ばれるIカップバストと童顔で人気のグラビアアイドル・和地つかさが、28日に自身のツイッターを更新。とんでもない量の唐辛子を使った麻婆豆腐を作り、フォロワーを驚かせた。



 

■大量の唐辛子を入手

かねてから激辛好きを公言し、自作の激辛料理や激辛カップラーメンを食べる様子など、様々な投稿を行ってきている和地。28日昼には、段ボールに入った韓国製唐辛子の画像をアップした。

その唐辛子だが、まるで米のような大袋に入った大容量。かなりの量であることが確認でき、キロ単位であることは確実と見ていいだろう。本人は「韓国の唐辛子は甘辛くてよい お昼は麻婆豆腐かな?」と使い道をつづっている。

そして同日夜、和地は本当に麻婆豆腐を作ったようで、夕食の様子を画像でアップ。そこには、ドロドロになるほど大量の唐辛子を使い、豆腐すら見えなくなったお手製麻婆豆腐が鎮座していた。


関連記事:和地つかさ、マッサージ師にかけられた一言にファン動揺 「部屋を変えたほうが…」

 

■フォロワーも驚愕の一品

大好きな激辛料理を前に「いえーい!」とテンションをたかぶらせる和地。真っ赤に光る麻婆豆腐は、とても強烈な存在感を放っている。見るからに漂う激辛オーラは、まるで煮えたぎるマグマのようだ。

フォロワーからは「めっちゃ美味しそう」「料理得意なんですね」など、その腕前に対する称賛リプライが。

また、「見るだけで汗かきそうです」「めっちゃ美味しそう。でも俺には辛さがやばそう」「だいぶ赤いっすね」「暑い夏にぴったりの食事ですね」など、あまりに辛そうな見た目に驚きの声も寄せられていった。


■「辛いもの好き」は固定層?

コアなファンが多く、世間的にも確立されている「激辛」というジャンル。ちなみに、しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,357名を対象に調査を実施したところ、「辛いものが好き」と答えたのは全体の37.2%だった。

また、いずれの属性でも3割~4割という数字が出ており、「辛いもの好き」がどの年代・性別でも一定の割合であることが分かる。

可愛い顔つきに反し、刺激的なものが好きな和地。このギャップも人気の理由の一つなのかもしれない。

・合わせて読みたい→和地つかさ、たくし上げショットにファン興奮「これは元気出る」

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1357名 (有効回答数)