友人を恋のライバルと誤解し敵意むきだし 家に放火した危険女に実刑判決

友人でもあった隣人に誤解され、脅されたある女性。その後にひどい被害を受けた女性は、今も立ち直れずにいる。

社会

2020/08/30 09:40

放火
(PamWalker68/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ある女と同じアパートで出会い、親しく付き合うようになった女性。しかし、ある勘違いが原因で隣人が豹変。親切に接していた女性が、思いもよらぬ被害を受けた。



 

■隣人と親しくなった女性

英国で暮らすある女性が、同じアパートで暮らす隣人と知り合い意気投合した。隣人が交際相手と仲違いし荒れたこともあったというが、そのときもこの女性は心配し隣人をサポート。お金に困っているときには経済的にも支援し、食べ物まで買い与え慰めるほど親しくしていたという。

しかしこの隣人には、暗い過去があった。それは、2006年から2019年にかけて、何度も警察沙汰を起こしていたこと。懲りずに繰り返す悪質な行為ゆえに、隣人は過去に7回も有罪判決を受けていたのだ。


関連記事:4年も続いた隣人トラブル ある一家が受けた壮絶な嫌がらせが怖すぎる

 

■豹変と脅迫

それでも隣人として、また友人として親しくしていた女性は、あるとき母親に会いに出かけようと準備を開始。そのときドアをドンドンと激しく叩く音がしたため慌てて出てみると、木の葉をつめた袋を持った隣人が立っていた。

そして隣人はいきなり女性を怒鳴りつけ、「私の彼氏に声をかける奴は誰だろうが刺す」「アンタを真っ先に刺してやるから」などと絶叫。さらには「アパートに放火してやる」と騒いだというが、女性は焦りながらも懸命に隣人をなだめ、予定通り母親に会いに行った。

次ページ
■放火事件発生

この記事の画像(1枚)