外国人には理解不能な日本文化「居酒屋のお通し」 英語で説明する方法とは

外国人にお通しをわかりやすく説明する方法とは


 

■「お通し」は日本のおもてなし精神

ですが、説明しても頼んでいない食べ物がくることに対して抵抗がある外国人は多いかもしれません。上のような説明で理解してもらえなかった時は、こちらの文章を使いましょう。

「Otoshi is considered a form of hospitality in Japan. To show their appreciation to the customer for paying the cover charge, they give you this appetizer to tide you over until your order comes.(お通しは飲み物がくるまでの時間を少しでもなくしてあげたい、席料・サービス料をいただく代わりにお礼として一品出したいという日本のおもてなし精神の一つです)」


関連記事:小池都知事、国と食い違う「重症者」定義について説明 ICU患者を除外したワケ

 

■外国人が来日するときのために

このように日本のおもてなし精神の一つであることを伝えると、きっと日本に来た外国人観光客も「そういう日本のおもてなしの心ってステキだね!」と理解してくれる可能性が高まります。

いまは外国人の観光客が来日することはめったにないと思いますが、コロナ禍が収まってまた日本を愛する外国人観光客が来たときのために、ぜひ覚えておいてくださいね。

・合わせて読みたい→『アッコにおまかせ』のコロナ探知犬がスゴすぎると話題に 「精度92%…」

(文/英語物語 メディア班 編集./しらべぇ編集部)