手越祐也、匿名SNSで叩く行為に感じた疑問 「胸に刺さる」と反響相次ぐ

手越祐也が、インスタグラムでSNSの使い方について投稿。ファンから「胸に刺さります…」と反響を呼んでいる。

エンタメ

2020/09/01 18:20

手越祐也

タレントの手越祐也が1日に自身のインスタグラムを更新。SNSなどでみられる誹謗中傷や否定的なコメントについて苦言を呈した。



 

■SNSを始めて2ヶ月で気づいたこと

この日、熊本県でボランティアをしている友人から送られてきたという動画を投稿した手越。

熊本支援の一環として自身がプロデュースしたかき氷を振る舞っており、「こうやって笑顔になってくれている方がいるだけで心から嬉しい。自分が何かすることによって少しでも誰かの力になれるような活動をこれからもしていきたいと改めて思いました」とつづる。

投稿の中で手越は、SNSの力について言及。「いいことも悪いこともデマもすぐ広がる」とし、「もっとプラスなことにこのSNSのパワーを使うべきだと率直に思う」と訴えた。


関連記事:神田うの、子供服を着た姿が衝撃的すぎる 「スタイル抜群」「憧れる!」

 

■「1人でも多くの人を笑顔に」

著名人や夢に向かって挑戦している人に対して、叩いたり愚痴を言ったりすることに疑問を抱く手越は、「言葉は狂気になりかねないのに。自分のプロフィールが明らかになっているとこでは叩かないのに匿名性が強いツールでは叩きまくる」と批判。

さらに、メディアのあり方についても「困った方や被災地の情報を伝えずどうでもいい熱愛や不倫や不祥事を伝えて著名人いじめを誘発する」と苦言を呈し、こういった現状に「なんでお互い高め合うのではなく潰しあってしまうんだろう」と思っているという。

自身はたくさんの人から応援される幸せな立場だとし、これから恩返ししていきたいと宣言。被災地で今も戦う人たちを見て「自分がこの世に存在できる限り1人でも多くの人を笑顔に。ポジティブに。争う世界ではなくリスペクトしあって高め合える世界に少しでも変えられたらいいな」とつづった。

View this post on Instagram

現地にボランティアで入ってる友人から送られてきた動画です。 県外からの受け入れが許可されてないからまだ俺は現地に行くことはできないけど、こうやって笑顔になってくれている方がいるだけで心から嬉しい。。 自分が何かすることによって少しでも誰かの力になれるような活動をこれからもしていきたいと改めて思いました。 SNSの力って凄くて、いいことも悪いこともデマもすぐ広がる。 2ヶ月ぐらい前に初めてSNSを始めた初心者だから感じることすごくある。 もっとプラスなことにこのSNSのパワーを使うべきだと率直に思う。 SNSの暴力によって日本のみならず世界に色んな被害者が出てきてるのに人はなにも学ばない。。 著名人や夢を持ってチャレンジしてる人のことを、本人が見てるかもしれないのに平気で叩いたり愚痴を言う。 言葉は狂気になりかねないのに。 自分のプロフィールが明らかになっているとこでは叩かないのに匿名性が強いツールでは叩きまくる。 最近のメディアの在り方も、本来は幸せなものを届けたり困った人を助けるのがメディアやSNSなのに、困った方や被災地の情報を伝えずどうでもいい熱愛や不倫や不祥事を伝えて著名人いじめを誘発する。 なんでお互い高め合うのではなく潰しあってしまうんだろう。。 俺はありがたいことにたくさんの方に声をかけて頂いて応援されている本当に幸せな立場にいる。 だからこそ恩返ししないといけないと思ってます。。 このいつ終わるかわからない人の命だからこそ、自分がこの世に存在できる限り1人でも多くの人を笑顔に。ポジティブに。争う世界ではなくリスペクトしあって高め合える世界に少しでも変えられたらいいなと改めて被災地で戦ってるみなさまの笑顔を見てパワーをもらえました。 熊本の皆さん。僕は何度も熊本でライブをさせてもらってパワーをもらいました。 絶対に受け入れが許可されたら行くので暑く大変な毎日が続くとは思いますが頑張ってください!! 被災された方とボランティアの方が少しでも笑顔になりますように。。 #手越祐也 #yuyategoshi #熊本支援

A post shared by 手越祐也 (@yuya.tegoshi1054) on

次ページ
■ファンから応援の声が相次ぐ