はじめしゃちょー、YouTuberあるあるソングの制作費が話題 「びびった…」

はじめしゃちょーが岡崎体育を迎え、ユーチューバーあるあるソングを製作し、公開。かかった費用に驚きの声が相次いでいる。

エンタメ

2020/09/02 19:20

はじめしゃちょー

人気ユーチューバーのはじめしゃちょーが1日、自身のYouTubeチャンネルを更新。公開した楽曲の制作費に驚きの声が相次いでいる。



 

■岡崎体育を迎えユーチューバーあるあるソング

先月31日にチャンネル開設8周年を迎えたはじめしゃちょー。この日は「YouTuberあるあるソング」と題した楽曲のMVをアップする。

作詞作曲編曲プロデュースに岡崎体育を迎えた、エレクトロヒップホップ調の楽曲だ。なお、作詞ははじめしゃちょーと共作とのこと。


関連記事:ヒカキン、YouTuberで一番運勢が良い人を占うと予想外の結果に

 

■ヒカキンら豪華ユーチューバーが出演

この楽曲では冒頭からユーチューバーの「あるある」を様々な苦悩、失敗を交えながら紹介しており、ユーチューバーでなくともYouTube好きであれば納得できる内容になっている。

また、ヒカキンを筆頭に、シルクロード(フィッシャーズ)、しばなん、ヴァンゆん、フワちゃんなど親交の深いユーチューバーも多数参加していることもポイントだ。

次ページ
■総製作費は1200万円