平愛梨、長友佑都のマルセイユ移籍で… 驚きの事実を知らされる

夫の長友佑都選手の移籍先がフランス・マルセイユに決定。妻である平愛梨は、夫の友人から嬉しい事実を教えられたようで…

エンタメ

2020/09/03 14:00

サッカー日本代表の長友佑都選手が、フランス1部のマルセイユに加入。これに際して妻・平愛梨が2日にインスタグラムを更新し、祝福のメッセージに対する御礼を伝えるとともに、長友選手の友人から驚きの事実を知らされたことを明かした。



 

■「マルセイユ」の姉妹都市が「神戸」

View this post on Instagram

夫の移籍先が決まりたくさんの方から「おめでとう🎉」と連絡を頂きます。 この場をかりましてありがとうございます✨(と言っても私はなんにもございません😅夫が凄い‼︎) イタリアに住む夫のご友人から 「このマルセイユという街の姉妹都市どこか知っていますか?」と尋ねられました。 姉妹都市? 私、ピンとこず、、、😅 写真が送られてきてドッヒャーです‼ 私、神戸出身の明石育ち🤩 マルセイユと神戸が姉妹都市だなんて嬉しい情報を頂きました🙏 @masashitomosugi @yutonagatomo55 #フランス#マルセイユ#姉妹都市#神戸#偶然#嬉しいな#まさしさん#ありがとう#海外のこと#よくわからない#私は#ただ#夫の#お隣にいるだけ#😅#新ユニフォーム#とっても#似合ってるね#25番#ニコッ#😋

A post shared by 平愛梨オフィシャル (@harikiri_tairi) on

長友選手の移籍先が決定したことを受けて、多くのお祝いのメッセージが届いていることに「この場をかりましてありがとうございます(と言っても私はなんにもございません…夫が凄い!)」とコメントした平。

今回の移籍に際し、長友選手の友人から「マルセイユという街の姉妹都市どこか知っていますか?」と尋ねられ、最初はピンとこなかったそうだが、マルセイユの姉妹都市の1つに、平の出身地である「神戸市」がある。

このことを知らされた平は「私、神戸出身の明石育ち」「マルセイユと神戸が姉妹都市だなんて嬉しい情報を頂きました」と、グッと親近感が湧いたようだ。


関連記事:平愛梨、次男の1歳誕生日をお祝い 長友選手との家族写真が素敵すぎる

 

■「本当に尊敬」労いの声も

幼い子供2人を抱えながら、世界で活躍する夫を支える平に、ファンからは「お子様2人連れて海外生活、違う国に行くなんて本当に尊敬する」「体に気をつけて…」「いつも通りに 無理なさらず」と、改めて彼女を労う声も多数寄せられている。

また、マルセイユの姉妹都市が神戸市という嬉しい新事実には、「凄い偶然ですね! また いつか神戸に帰って来てください」「これも何かのご縁ですね」といった反響が。平だけでなく、遠く離れたフランス・マルセイユに不思議な親近感を覚えた人は少なくないようだ。


■新しい環境にすぐ馴染める人は約3割

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,732名を対象に実施した意識調査において、「新しい環境でもすぐに馴染める」と回答した人は、全体で約3割程という結果に。

新しい環境でもすぐに馴染めるグラフ

平にとっても不思議な縁のあるマルセイユ。長友選手のさらなる活躍を願いたい。

・合わせて読みたい→長友佑都とはじめしゃちょーとのコラボ動画が話題に 「お互いの無駄遣い」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1,732名(有効回答数)