元メジャーリーガー・新庄剛志、極貧生活を告白 「1泊1500円」「食費1日700円」

『櫻井・有吉THE夜会』で元メジャーリーガー・新庄剛志のバリでの驚きの生活が明かされて…

エンタメ

2020/09/04 10:00

新庄剛志
(写真提供:JP News)

3日放送『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に、48歳での現役復帰を目指すと発表した元メジャーリーガー・新庄剛志が登場。移住して13年になるバリでの現在の生活について言及した。



 

◼8LDKの大豪邸が

バリで13年生活して「子供たちに野球を教えたい」と考えはじめた新庄。SNSで自身のトレーニングを公開しているうちに「身体が動くようになってきた」ため、47歳にして現役復帰を決めたと明かす。

ここで、最盛期にはCMや広告で数億円を稼ぎ、バリの8LDKの大豪邸に住んでいた新庄が、「現在は1泊1,500円の激安アパートで暮らしている」と衝撃の告白をした。


関連記事:新型コロナのストレスで口論絶えず19歳娘が母を殺害 遺体放置でアパートに悪臭

 

◼復帰に本気だからこそ

嵐・櫻井翔が「お金が尽きたんですか?」と直球の質問をすると、新庄は「ノーノーノーノー」と否定。プロ野球選手復帰を決めてからジムに近い激安アパートに引っ越し、「常にトレーニングに明け暮れる生活を自主的にやっていた」と解説する。

これは現役復帰のために自身を追い込むためのもの。一気に生活水準を落として耐えられるのか尋ねられると、「この挑戦って簡単じゃない。気持ちをしっかり持ってないとゴールを決められない」と力説した。

次ページ
◼食費は1日700円