石田ゆり子、自律神経を病まない大切さを語る 独自の呼吸法も紹介

石田ゆり子がインスタグラムで「自律神経を病まないようにする」ための呼吸法を紹介 自粛生活の閉塞感にも言及

エンタメ

2020/09/04 16:40

石田ゆり子

女優の石田ゆり子が、自身の公式インスタグラムを更新。「自律神経を病まないようにする」ための呼吸法を紹介し、話題になっている。



 

■新しい生活習慣の閉塞感や圧迫感

View this post on Instagram

気がつけば9月になっていた。 桜が咲く頃、自粛の日々が始まり マスクの日々が始まり はや五ヶ月…。 新しい生活習慣と言われる日々を生きていて、わかっちゃいるけど 閉塞感、圧迫感、ときには ギスギスした空気も感じます。 2020。ここから先 どんな風になっていくのか わかりませんが とにかく気をつけたいのは 自律神経を病まないようにすること のような気がします。 焦らずにじっくり 足を地面につけて 地道にいくしかないのでしょう。 鼻から息を吸って〜 口から細く息を吐いて〜 それをせめて10分つづけると なんだかすーっと気が整うような気がする。 時々立ち止まって そういうことを考えないと どうにも前に進まない。

A post shared by 石田ゆり子 Yuriko Ishida (@yuriyuri1003) on

石田は3日、透ける素材のブラウスを着用し、ヨガポーズのような姿勢で微笑んでいる写真をインスタグラムにアップ。

「気がつけば9月になっていた」として、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためにマスクを着用するようになってから、5ヵ月が経過したことに言及。

新しい生活習慣の中で、「閉塞感、圧迫感、ときにはギスギスした空気も感じます」と心境を綴り、「時々は立ち止まって」と呼びかけている。


関連記事:物議を醸した石田純一の飲み会報道 高橋真麻の訴えに共感の声

 

■自律神経を病まないように

未来が見えない状況の中で、「とにかく気をつけたいのは自律神経を病まないようにすること」と述べている石田ゆり子。

焦らずじっくり地に足をつけることの大切さについても語り、「鼻から息を吸ってー口から細く息を吐いてーそれをせめて10分つづけるとなんだかすーっと気が整うような気がする」と、独自の呼吸法を紹介している。

次ページ
■小さなことでも癒しは大事