つるの剛士、監視カメラ設置した理由が悲しすぎる 「現行犯でした…」

つるの剛士が畑の野菜を盗まれたとツイッターで報告した。対応策として監視カメラを設置したという。

エンタメ

2020/09/04 18:00

つるの剛士

タレントのつるの剛士が4日、自身のツイッターを更新。畑に監視カメラを設置した理由を明かし、大きな反響が寄せられている。



 

■パクチーを盗まれた

つるのは農林水産省が同日投稿した「生産者の皆さまが手塩にかけて育てた家畜や農作物、トラクター等の機械の盗難被害が発生しています」という注意喚起のツイートを引用し、自家栽培していたパクチーを盗まれたと報告した。


関連記事:レジ袋有料化で横行する「カゴパク」 その卑劣な手口に立川志らくも憤り

 

■監視カメラを設置

またリプ欄で「行くたびに畑内(畝)に足跡があってかなり大量のパクチーを盗られてました。 悲しくなるよ、ホント」と心境を綴った。

犯人は現行犯で発見したようだが、「日本語わからないの一点張り」だったという。しかし反省していた為、通報はしていないとのこと。つるのは対策として「監視カメラ取りつけました」と明かしている。

次ページ
■ファンも盗難被害に…