「妊娠中の新型コロナ感染で約6件に1件が早産」 WHO調査チームが若い世代に警鐘

妊娠することで免疫力が落ち、肥満や高血圧、糖尿病があればそれが重症化リスク要因になるという。

2020/09/05 09:40

妊婦・妊娠・マスク・コロナ・新型コロナウイルス・消毒

世界の新型コロナウイルス感染者がついに2,500万人を突破した。流行の第2波、第3波、再びのロックダウン(都市封鎖)といったニュースにやや耳が慣れてしまった感じもするが、やはりこのウイルスは油断大敵だ。



 

■妊婦11,000人以上を調査

新型コロナウイルスに感染した妊婦の多くが無症状だと報じられるが、全員が無事な出産を迎えられるかというと、そうではないという。

そんな気になるデータを発表したのは、世界保健機関(WHO)/グローバル女性健康協力センターに所属する新型コロナウイルス調査チームの一員で、英バーミンガム大学・代謝システム研究所のシャキーラ・タンガラティナム教授。

感染している妊婦11,000人以上について詳しく調査中だという。


関連記事:新型コロナ無症状者が出産祝いに… 抱っこされた赤ちゃんが感染死

 

■妊娠中の体の変化

新型コロナウイルスの感染が判明し、入院となった妊婦についてタンガラティナム教授が調査したところ、集中治療室で観察が続けられる者が4%、人工呼吸器を必要とするなど特に重症化する者が3%いることを突き止めた。

妊娠中は、お腹の胎児を異物とみなして攻撃することがないよう体の免疫力がそもそも下がっているが、肥満、妊娠糖尿病や高血圧の問題、そして高齢での妊娠・出産が重症化リスクを上げていると考えられるそうだ。

次ページ
■25%が新生児集中治療室へ

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

肥満妊婦糖尿病高血圧人工呼吸器早産集中治療室新型コロナウイルス感染者
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング