ファミレス『和食さと』 20年ぶりに行ったらその進化に衝撃を受けた

和食さと、20年ぶりに行くとかなりの進化を感じた

グルメ

2020/09/05 10:20

関西地方を中心に、東京や埼玉県にも店舗を構える和食ファミリーレストラン『和食さと』。記者は20年以上行っていなかったのだが、ここ最近行く機会があった。

かなりうろ覚えだが、以前は正直に言うと地味で特徴が無い印象があったのだが、改めて行くと、その進化にかなりの衝撃を受けたのだ。


画像をもっと見る

 

■ドリンクバーが充実

まず、ドリンクバーの充実ぶりがスゴい。別の記者も記事にしていたが、平日と土曜日の15時まで、998円(税別)で生ビール付きのセルフ飲み放題をすることができる『さとバル』だけでなく、50種類以上が楽しめる『さとカフェ』。

それに普通のファミレスならタダなのは水ぐらいだが、お茶もセルフで無料。別料金だがソフトクリームもあり、この品ぞろえとサービスはファミレス界随一だろう。


関連記事:かっぱ寿司、8種類のマグロ新皿ひっさげ約1ヶ月の「超創業祭」を開始

 

■自分で寿司を作れるセットも

また、子供用のメニューも楽しくて良い。こちらの『板前すしセット』は、茶碗蒸しとシャリ5個に海苔、まぐろ、サーモン、たまご、えび、鶏フレークなどがついて税抜490円。

普段は回転寿司をそのまま食べるぐらいしかしない子供が自分でネタを乗せ、美味しそうに食べているところを見ると、ちょっとした面白みがあることに新たな喜びを発見。

次ページ
■子供用のセットも種類豊富

この記事の画像(14枚)