少年2名を拷問し生き埋めに 札付きの不良のまま成人した男らを逮捕

数々の犯罪に手を染め、暴力事件を起こしてきた若者2人。無罪を主張する彼らに、裁判官は甘い顔を見せなかった。

2020/09/06 08:00

不良
(shironosov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

多感な少年期にグレて悪事に手を染め、世間から「札付きのワル」と呼ばれるようになる子がいる。成長とともに改心するケースは多いが、そのまま成人し、違法行為や犯罪を繰り返すことに慣れてしまうケースもあるという



 

 

■壮絶なリンチ

ストックホルムの郊外にあるスウェーデンのソルナという町で、8月22日の深夜、少年2人が激しい暴行の末に裸にされ、墓地に掘られた穴に体を埋められるという事件が起きた。

被害者の年齢については15歳未満と伝えるメディアも多いが、2人とも性的暴行および脚を刃物で刺されるなど、拷問のようなリンチを受けたことがわかっている。


関連記事:10代の少年が生きたまま焼かれる 少女強姦に激怒した住民が制裁

 

■通行人が救出して通報

その翌朝、墓地を通りがかった人が異変に気付き、少年たちを救出して警察に通報。目撃情報があった18歳と21歳の地元の男2名が、職務質問を受けたうえで逮捕された。

警察の発表によれば両者ともドラッグの密売人で、逮捕時にひとりは被害者からはぎ取った衣服を着ていた。また、被害者との面識が全くなかったこともわかっている。

次ページ
■「要らない」と拒まれ激怒か

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

危険ドラッグ墓地違法薬物誘拐スウェーデン強姦性的暴行傷害生き埋め強奪
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング