出産間近の女性を殺し胎児を抜き取る 祝うフリで接近した旧友の女を逮捕

突然の悲劇に涙を流す友人たち。「彼女は人を疑うことを知らない心の美しい女性だった」と話している。

社会

2020/09/06 16:20

ベビーシャワー
(Zinkevych/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

出産を控えている女性に「お祝いをしてあげたい」と連絡してきた、はるか昔に仲良くしていた女友達。その時ほんのわずかでも懐疑心を抱けば、こんな陰惨な事件は起きなかったのかもしれない。



 

■下半身が血まみれの遺体

8月28日、ブラジル・サンタカタリーナ州にある大型陶器処分場で、フラヴィア・ゴディーニョ・マフラさんという非常勤講師の24歳の女性が、他殺体となって発見された。

フラヴィアさんは鈍器で頭部を激しく殴られていたほか、下半身が血まみれで、もうじき出産予定だった妊娠36週の胎児が遺体から抜き取られていたことも判明した。


関連記事:幻覚を見て1歳児を惨殺か? 犯行後の母親がアパートから飛び降り

 

■懐かしい友人と会いに…

「懐かしい友人から連絡がきた。ベビーシャワーのお祝いをしてくれるらしい」と嬉しそうに話し、27日にサン・ジョアン・バティスタの待ち合わせ場所に出かけたフラヴィアさん。しかし彼女は帰宅せず、心配した夫が妻の友人2名に連絡した。

そこでイベント自体がキャンセルになっていたことを知らされ、主催した26歳の旧友の情報を得た夫はただちに警察に通報したという。

次ページ
■同時に病院からも通報

この記事の画像(1枚)