18歳娘の処女を売ろうとした母親 おとり捜査に引っかかり逮捕

大事に育てた娘の秘密を知った女が、それを金儲けに利用しようと画策。見知らぬ相手に娘を差し出し、逮捕された。

社会

2020/09/06 18:35

売春
(canjoena/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

すっかり成長した娘が処女だと知り、驚いた母親。「いまどき珍しい」「それで男を釣れば金になる」と思いつき客を探したが、あさましい計画は思い通りには進まなかった。



 

 

■18歳になった娘の秘密

インド・マハーラーシュトラ州で暮らす40歳の女には、18歳の娘がいる。その娘と雑談するうちに性的な話題になり、「まだ私にはそういう経験はないわ」と聞かされた母親は、とても喜んだ。

娘が自分の体を大事にしているからではなく、「処女をアピールすれば高い金を出す買春客が見つかる」と考えたからだった。母親はさっそく娘にも金儲けの話を持ちかけ、娘はそれに従うしかないと感じるようになった。


関連記事:通報者は母親であり妻… ロックダウン中に娘を妊娠させた父親が逮捕

 

■客を探した母親

さっそく羽振りがいい客を探そうと動き始めた母親だが、「娘の処女を売ろうとしている女がいる」という噂は瞬く間に拡散。情報を得た警察はおとり役を用意して母親に連絡させ、「いくら払えば性交渉できるのか」と金額交渉に関する話し合いにもち込んだ。

協議はスムーズに進み、おとり役はさっそく母親が指定したホテルを予約。会う時間を決めて、ホテルで待ち合わせることにした。

次ページ
■おとり捜査開始

この記事の画像(1枚)