18歳娘の処女を売ろうとした母親 おとり捜査に引っかかり逮捕

大事に育てた娘の秘密を知った女が、それを金儲けに利用しようと画策。見知らぬ相手に娘を差し出し、逮捕された。

社会

2020/09/06 18:35


 

 

■おとり捜査開始

約束の日、まずはおとり役がホテルに到着し、予約してあった客室へ。それに続き、娘を連れた母親も到着した。

そして部屋に来た娘が服を脱ぎ始るのを確認したうえで、おとり役が通報。待機していた警官隊がすぐさまホテルに向かい、娘を待っていた母親の身柄を確保した。


関連記事:「私は生ける屍」 26年間にわたり母親に軟禁された女性が窮状を告白

 

■娘も家には帰れず

母親に秘密を明かしたばかりに、売春行為を強要されかけた娘。しかし18歳という年齢で母親の指示に従ったこともあり、娘も自宅ではなく矯正施設に送られたという。

インドでは、過去にも娘の処女を売ろうとした母親らが話題に。13歳の娘に売春させようとしていたことが発覚し、やはり逮捕されて話題になった。子供の幸せを優先する親がいる一方、子供の性を売り物にするひどい親のニュースも後を絶たない。

・合わせて読みたい→交際反対されて携帯電話を奪われ… 母親と激しく衝突した傷心の娘が自殺

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事の画像(1枚)