ビートたけし、自民党総裁選に一言 「流れができてたんだと思う」

ビートたけしが自民党総裁選に菅官房長官が出馬したことに関して言及。「決まり決まりでやってきてる感じがする」と分析した。

エンタメ

2020/09/06 10:00

ビートたけし・北野武

5日に放送されたTBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』にビートたけしがモニター越しに出演。2日に菅義偉官房長官が自民党総裁選に出馬することを表明したことを報道した。



 

■自民党への興味が高まっている

番組では、安倍晋三首相政権に対する世論調査を紹介。安倍政権の7年8ヶ月の実績を「大いに評価する」「ある程度評価する」とした人は71%。辞任発表直前には36.0%だった内閣支持率が56.9%と上がっていた。

安住紳一郎アナはこのことに対し、「今は自民党への興味が高まっている時なのかもしれませんね」と分析した。


関連記事:堀江貴文氏、安倍退陣で次期首相を予測 長期政権になるための鍵も解説

 

■「やっと辞任を発表した」

たけしは「みんなこういうの好きなんだよ。阿部さんが病院行ってるって時から、麻生さんはとっくに動いているはずで、阿部さんの政策は菅さんが、憲法改正なんかの問題とか、全部引き取る準備ができたと思ってるよ」と自身の考えを語った。

最後には、「だから、決まり決まりでやってきて、やっと辞任を発表したみたいって感じな気がしないでもない」と自民党内では、最初から決まっていたことだったんじゃないかとたけしなりの分析をした。


■政策を発表

ほぼほぼ勝つだろうと予想されている菅官房長官は5日に自身のブログで政策を発表。「新型コロナウイルス対策」「省庁の縦割りの打破」「雇用の確保や事業の継続」「地方の活性化」「地方の活性化」「外交・安全保障」について綴っている。

「自助・共助・公助、そして絆」をスローガンとして、「安倍総理大臣が全身全霊を傾けて進めてきた取り組みをしっかり継承し、さらなる前進を図っていく」と基本的には安倍首相引き継ぎを行うことを表明した。

・合わせて読みたい→『スッキリ』暴走気味の石破茂に加藤浩次が… 名フォローに「総裁選出られる」

(文/しらべぇ編集部・Aomi