バイきんぐ・小峠英二は野球部出身なのに野球嫌い きっかけは中学時代の壮絶トラウマ

6日放送の『相葉マナブ』にて、バイきんぐの小峠英二が、野球部出身にもかかわらず野球が嫌いと告白。その裏に隠された壮絶な過去とは…

エンタメ

2020/09/06 21:00

バイきんぐ・小峠英二

6日放送の『相葉マナブ』(テレビ朝日系)で、バイきんぐの小峠英二が「野球が嫌い」だと告白。その原因となった根深いトラウマ体験に、出演者から笑いが巻き起こった。



 

■高校野球の話題で…

この日の放送では、嵐の相葉雅紀が「今年、夏っぽいことしました?」と話題を振る場面が。コロナ禍の影響か、相葉自身は「夏っぽいことホントしてないな…」と振り返り、TVで高校野球を見たことが唯一の「夏を感じた」ことだったと明かす。

野球好きという相葉は「野球とか見ますか?」と話を広げようとしたが、小峠は「いや見ない」と即答。「マジで今まで野球見たことない」「チャンネル回しても、野球の映像になる前に変えてる」と続け、相葉とハライチ・澤部佑は驚きを隠せない様子だ。


関連記事:『ヒルナンデス』小峠英二、生放送中に突然声を荒らげ視聴者動揺

 

■じつは野球出身

しかし、「ルール分かんないんですか?」とたずねる澤部に対して、小峠は「分かるよ。野球部だったから」とまたも即答。意外過ぎる回答に相葉は爆笑してしまい、「何で入ったの!?」と驚きつつ質問する。

ここで小峠は、嫌いにもかかわらず野球部に入部した中学時代のことを振り返る。何でも、小学校で仲の良かった友人が中学で全員野球部に入ったため、自身も野球部に入部したのだという。

次ページ
■思春期に大きなトラウマが…